アンチエンジングとは?NASAで新発見の方法は加齢臭防止?

以前、アメリカから帰国した元女優の武田久美子さんが、

『武田久美子のアンチエイジング』として、

女性の美しさを衰えさせないために

大切な日常生活習慣の本を

多数出版されていることを紹介しました。

 武田久美子から学ぶ加齢臭アンチエンジング習慣

『アンチエイジング』の意味は、

自然現象である「加齢」「老化」による衰えを

すこしでも緩やかにするということでした。

11月16日のNHKの番組、日々の生活をだんぜんシアワセにする

「食・健康・美容・住まい」の裏ワザを紹介する人気バラエティ『ガッテン!』で

ゲストに眞鍋かをり、松村邦洋、大島麻衣を迎え、

「NASA直伝!魅惑のアンチエイジング術」が放送されます。

☆ アメリカのNASAが発表した新事実! 

以前から無重力状態では、地上の10倍ものスピードで老化することがわかっていました。

地上の10倍のスピードとということは、

10年宇宙で生活すれば100歳と同じ体になってしまうということです。

これは、NASAにとっても見過ごせない問題でしょう。

この謎を追い続けてきたNASAがたどり着いたのは、

「体のある部分」が老化スピードを大きく左右することをつきとめ

そこを刺激さえすれば、いわば細胞のスイッチが入ったように活動を高め、

脂肪やコレステロールが減ったり、筋力や骨密度がUPするなど、

様々な嬉しい変化が現れる!という内容のようです。

さて、NASA直伝の魅惑のアンチエイジング術とはどんなものでしょうか。

加齢や老化を防止することができれば、

加齢臭の発生も抑えることができるのではないでしょうか。

2016y11m17d_001841244

☆ 加齢臭発生のメカニズムとアンチエイジング 

もう一度加齢臭発生のメカニズムを振り返ってみましょう。

中高年になると(加齢を重ねると)皮膚の潤いを保つ皮脂腺の中にある

脂肪酸が増加 ⇨ 活性酸素が発生しやすくなり過酸化脂質の分泌量も増加 ⇨     脂肪酸と過酸化脂質が結びつく ⇨ ノネナールがつくられる ⇨ 加齢臭が発生する

2016y08m06d_171922847

ノネナールの発生原因である脂肪酸や過酸化脂質は、

加齢・老化によって増えるわけですから、NASAの新発見した方法で

時間を逆に戻すことができるのであれば、

十分加齢臭の防止につながると想定されます。

さて「NASA直伝!魅惑のアンチエイジング術」

とはいったいどんな方法なのでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする