疲労臭は睡眠負債が原因!どんな臭い?自覚はある?対策改善方法を紹介

最近、睡眠負債という言葉をよく聞くようになりました。

どうやら、催眠負債は、「疲労臭」という

クサイ臭いを発生させる原因にもなっているようです。

これは、催眠負債の解消方法を臭い対策の面からも

しっかりと考える必要があります。

★睡眠負債とは?

日々のわずかな睡眠不足が、

借金のように積み重なり、やがて債務超過になると

心身に悪影響を及ぼすようになることです。

では、一般的な睡眠不足と睡眠負債はどう違うのでしょうか

★睡眠負債と睡眠不足との違い

睡眠不足とは、単純に「睡眠が足りていない状態」です。

明け方まで飲んでいたり、つい夜更しをして寝不足で、

日中ぼーっとして体がだるいと感じる状態です。

そして、睡眠不足の特徴は、睡眠不足を自覚していることです。

一方、睡眠負債は日々のほんの僅かな時間(例えば30分~1時間)

の睡眠不足なので、本人が自覚ができていない状態です。

要するに、睡眠負債と睡眠不足の違いは、

「自覚があり不足している状態か、自覚なしで蓄積している状態か」にあります。

自覚がないだけに、睡眠負債の方が、

睡眠不足よりも体へのリスクが高いと恐れられています。

★睡眠負債の債務超過が心身に及ぼす影響

僅かな睡眠不足が積み重なり

「債務超過」の状態に陥ると、

生活や仕事の質が低下するだけでなく、

うつ病やがん・認知症などの重大な疾病に

繋がるおそれがあるとされています。

★「疲労臭」は、うつで臭いが増加する

「疲労臭」無気力による生活臭・体臭の増加

まず、うつ病になると全てに対して無気力になります。

当然、歯を磨いたり風呂に入ることもおっくうになります。

パートナーと暮らしていれば、掃除洗濯などは問題ありませんが

一人暮らしの場合は最悪です。

生活のために無理をして出勤していても

身だしなみや臭いには、一向に気が向いていないので

周囲にとっては、強烈なスメハラだと言えます。

スメハラの詳しい記事はこちらからどうぞ!!

▶スメハラとは?伝え方や対応が難しい!体臭,口臭,タバコ,香水,柔軟剤に注意

▶スメハラ対策:誰も傷つかない上手な伝え方と対応!

うつ病そのものが原因で「疲労臭」が発生する

無気力による、生活臭の増加と違って

うつ病そのものが、臭いの発生源となっていることがあります。

うつ病によって、

体の内側から発生するクサい臭いが「疲労臭」なのです。

「疲労臭」とは、体の表面からではなく、

体の内側から発生する臭いのことです。

では、この疲労臭を抑えるには、

どのような対策を行えば良いのでしょうか。

対策を考えるにあたって、疲労臭とはどのような仕組みで

発生する臭いなのかを知る必要があります。

疲労臭とは?自覚は?臭いが発生する仕組み

ストレス社会と呼ばれている現在、

私達は日々、多用なストレスを受けて疲労しています。

そして、ストレス等で体の中で疲労が蓄積してくると、

血液中に「乳酸とアンモニアが増加」してきます。

  • アンモニアは通常であれば、肝臓で解毒される。
  • 疲労の蓄積や酒の飲み過ぎ等で、肝臓が疲労しアンモニアの解毒作用が弱まる
  • 解毒されなかった尿酸やアンモニアが汗線に放出されえる
  • 汗にアンモニア臭が混じってしまい、それが体臭となる。
  • 乳酸が分解されて生じう物質も汗のにおいを強している。

これが、疲労臭が発生する仕組みです。

睡眠負債で口臭が発生する仕組み

睡眠負債が増えていくと、

うつ症状が発生したり、自律神経にも大きな影響を与えます。

  • 睡眠負債が増加してくると、自律神経のバランスが崩れる。
  • 心拍数や血圧が上がるような「交感神経」が活発に働く。
  • 人間は興奮状態に陥り、唾液の分泌量が減少します。
  • 唾液には、口の中の消臭作用がある。
  • 唾液が足りない状態になると、口の中の衛生状態は悪くなる。
  • 口臭がクサイ状態になってしまう。

★「疲労臭」の対策はリラックス・バスタイム!

疲労臭は、年齢に関係なく若い人でも悩んでいる体臭です。

では、この疲労臭を抑える方法を考えてみましょう。

この疲労臭は、体の表面でなくて内側から発せられているものなので、

デオドラントやシャワー等で臭いを消すことができません。

しかし、夜にじっくりと湯船につかり、

適度に汗を流してリラックスすることで、

疲労臭を軽減することができるそうです。

朝の出勤前に慌しくシャワーを浴びるよりも、

夜間にじっくりと湯船に浸かり、

血液の流れを良くしてから眠りにつくことで、

体内の乳酸やアンモニアが減少して、

体臭の原因が弱まった状態で

爽やかな翌朝を迎えることができるというわけです。

慌しいので、シャワーで済ませているとい方も多いと思います。

しかし、その結果、疲労が蓄積して、

疲労臭の様な新たな悩みを抱えてしまうこともあるわけです。

「疲れを感じたらゆっくりと湯船に浸かる」

毎日の積み重ねの中で、ほんの少しユックリすることで、

慢性的な疲労が溜まることを防ぐことができます。

疲労臭の対策としてはもちろん、

毎日のリラックスタイムとして、

一日一度は、入浴にしてみてはいかがでしょうか。

★睡眠負債の返済は「疲労臭」の解消に役立つ

睡眠負債を増やさないことと、負債の返済は

うつや自律神経の異常を未然に防いで、

結果的に「疲労臭」の解消に繋がります。

睡眠負債を増やさない方法

睡眠負債を増やさない方法は、

まず、昼寝です。昼寝は長い時間ではなく、

短時間(20分程度)が効果的だと言われています。

昼寝をすると、眠気も和らぎ、身体がリラックスされることで

自律神経の調子もよくなると思われます。

次に、夜10時~午前2時までに睡眠をとることです。

この時間に寝ることが、一番体の疲労が回復するので

「睡眠のゴールデンタイム」と呼ばれています。

「睡眠のゴールデンタイム」は、

ホルモンの分泌も一番多くなる時間帯なので、

男性でも若さを保つためには、この時間帯に寝た方がいいです。

女性ももちろん「アンチエイジング効果」も大きいようですよ。

アンチエイジングの詳しい記事はこちらからどうぞ!!

▶アンチエンジングとは?NASAで新発見の方法は加齢臭防止!

▶アンチエイジングNASAが新発見した老化原因の箇所と対策

疲労臭対策のための睡眠負債を返済する方法

睡眠負債のリスクを取り除く根本的な方法は、

不足している睡眠時間を増やすことしかありません。

ただし、平日無理をして週末などに「寝だめ」をするのは、

日常の生活リズムを崩すことになり、逆効果となる場合があります。

週末にいつもより多く寝るのは、

2時間分ぐらいにしておきましょう。

借金のように、利子などは睡眠負債にはありませんが、

直近の2週間分の睡眠負債は脳が記憶していると言われています。

返済方法としては、住宅ローンの一括返済ではなく

一週間毎の週末に、いつもより長い時間布団に入ったり、

昼寝を少しすると負債を減らすことができるようです。

こまめな返済をしていくことが、効果的です。

また、睡眠負債の予防して日中に15分程度の昼寝をすること、

朝の日光を浴びることなども有効だとされています。

★まとめ

以上が、「疲労臭は睡眠負債が原因!どんな臭い?

自覚はある?対策改善方法を紹介」の内容です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、

関連記事もシェアをして頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする