加齢臭対策❺【ミョウバン】消臭効果が高く安心・安全・安価

最近はCMで毎日多くの消臭剤が販売されています。それだけ臭いに対する関心が高くなっていることの現れです。市販の消臭剤は、ニオイが気になったり価格が高かったりしますが、「ミョウバン」なら消臭効果が高く、安心・安全・財布にも優しい消臭方法です。

 ミョウバンのデオドラント効果

★ミョウバンによる消臭

dsc04832【ミョウバン】は日本では漬物の発色剤や麺のかんすい用に広く使われている食品添加物で 薬局やスーパーで一袋50gが100円前後で手軽に購入出来ます。

ミョウバンは、工場で製造されたものですが、 自然物としても採取されています。

ミョウバンには消臭作用のほか、殺菌・制汗作用もあります。

★ミョウバン水の効果

1、殺菌効果 

ミョウバンは水に溶けると酸性になります。酸性水は、加齢臭の原因となる汗の匂いなどの元となる雑菌を分解し、また雑菌の繁殖を抑えてくれる殺菌作用があります。

同じ酸性の酢が強い殺菌効果があるのと同様に、みょうばん水にも強い殺菌効果があるのですミョウバン水は酢と違って無味無臭なので、ニオイをきにせずに広い用途に使用できます。

2、制汗作用 

008187ニオイを作り出す菌を殺し、制汗作用でニオイ菌のえさが増えるのを抑えます。

管理者は、朝出かける前にミョウバン水をたっぷりつけると、そのまま夜自宅に帰るまでのまる1日、みごとに制汗効果が持続して汗をかきにくくなりました。ワキの下や手足などは、 さらりとした感じがします。

食用添加物なので体にも環境にも優しい、さらに財布にも優しいので、制汗対策剤として、 どんどん活用して欲しいものです。

ミョウバンは古代ローマでも制汗剤として利用されてきた程、制汗作用は信頼されてきました。

b6449dfc7d25ead1ee2369cfc457f3f0_mミョウバンが汗を抑える理由は、はっきりとは解明されていませんが、ミョウバンには、    収れん作用といわれるものがあり、皮膚のタンパク質を変化させて、肌の保護膜を引き締める効果のことです。

そのため肌がキュッと引き締まりキメが細かい肌になるので、美容目的でミョウバン水を肌に付ける方もいます。

そして、皮膚の表面だけでなく、汗を出している皮腺も引き締める効果があり汗の出にくい状態にしてくれるのです。

3、消臭作用 

アンモニア臭を中和する働きがあるので、介護などのイヤな臭いを抑える効果があります。

ミドル臭、加齢臭、足臭、口臭など全ての消臭に効果がある万能消臭剤です。

★ミョウバン水の作り方

1、準備するもの 

dsc05082ミョウバン:スーパーやドラッグストアで売っています。焼ミョウバンと種類がありますが、どちらでも大丈夫です。

水道水:ミネラルウォーターだと腐敗が早まってしまうので  塩素の入っている水道水がよいです。

スプレーボトル:100円ショップなどで売っています。

使用済みのスプレーが利用可能です。

ペットボトル・:1.8L 飲料用の使用した再利用で十分です。

2、作成順序と利用方法

作り方はとても簡単です。

【作 成 順 序】

dsc04833①ペットボトルの中に水とミョウバンをいれます。

②ミョウバン25g(一袋約1/2)を1.8Lのペットボトルを入れたら蓋をして、ボトルを振ります。

dsc04834

③冷蔵庫で1~3日置きます。ミョウバンがしっかり溶けて、水も透明になります。

透明になれば完成です。

【利 用 方 法】

b22160ef0268c021e5f570b663635f9f_mみょうばん水を入れ家庭用消臭用スプレーとして利用します。使用済みの消臭スプレー容器や100円ショップで売っているスプレー容器に移して利用します。

枕カバー、衣類、靴などにスプレーします。

dsc05083

携帯用スプレーとして100円ショップにで持ち運びに便利なスプレー容器を購入し外出用に利用します。肌・衣類に直接スプレーします。

管理人は口臭が気になる時には、口の中にも軽くスプレーしています。市販スプレーでは、こうはいきません。

3、ミョウバン水使用上の注意事項】

  1. ミョウバン水は、冷蔵庫などに保存して1か月以内で使い切るようにしてください。
  2. まれに肌に合わない方もいますので、異常を感じたらすぐに使用を中止して下さい。
  3. また、お子さんなどが飲料用として誤飲しないように十分注意が必要です。

夏場は特に汗が気になります。タオルでふき取ったあとに、スプレーでひと吹きすると気分的にもずいぶん違います。市販のスプレーのように、変なニオイをきにすることなく安心して使用できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする