ミドル脂臭の特徴と加齢臭との共通点と違い予防消臭対策は? 

☑ ミドル脂臭の特徴

加齢臭はよく認知されていますし、ニオイのイメージも

何となくわかりますが、ミドル脂臭とはいったいどんなニオイで

どんな特徴があるのでしょうか。

また、加齢臭と比較してどこが違うのか考えてみたいと思います。

1、口臭・足臭よりも臭いやすい 

ミドル脂臭の原因成分が「ジアセチル」であることは、前回レポートしました。

 ミドル脂臭の原因成分

04030387d8020d22d5665b7923ee2210_m

ミドル脂臭は、頭皮の汗に含まれる乳酸が、

頭皮表面のブドウ球菌によって分解されて

大量に「ジアセチル」が発生します。

使い古した油のようなニオイで

あの嫌な足臭や口臭よりも臭いやすいのです。

ミドル脂臭は

  1. 口臭よりも1.4倍もクサイ
  2. 足のニオイよりも1.5倍クサイ
  3. 加齢臭より100倍ひろがりやすい

といわれています。

2、多くの女性から嫌われる臭い 生ごみにようなニオイ

302a9b4f67d44f5a533c66fef9422653_sこれは男性にとって一番ショックなことです。

マンダムの実施したアンケート調査の結果で、

多くの女性が、ミドル男性の特有のニオイを

「生ごみのよう」などと、加齢臭よりも不快に感じているようです。

女性たちの間で密かに囁かれている「スメハラ」なる言葉。

スメハラとは「スメル・ハラスメント」の略称で                    臭いによって他人に不快感を与えることです。

2016y08m06d_171922847特に30~40代の男性特有の「ミドル脂臭」が

知らぬうちに、電車やエレベーターなどで隣の人に

「スメハラ」しているかもしれないのです。

男性は加齢臭を気にされる方が多いのですが、

ミドル脂臭の方が、加齢臭より広がりやすく、より深刻なニオイなのです

3、加齢臭よりも自分では気付きにくい臭い 

ミドル脂臭は、主に鼻の反対側にある後頭部から首の後ろ周辺で発生するため、

加齢臭よりも自分ではなかなか気づきにくいニオイなのです。

知らない内にあなたもスメハラの加害者になっているかもしれません。

また、年代的にも加齢臭の年代に達していないので

消臭予防対策の意識が低い人もみられます。

☑ ミドル脂臭加齢臭の比較

ミドル脂臭 加齢臭
発生の年代 30代~40代 50代~
発生原因 ジオセチル ノネナール
どんなニオイなのか 使い古した油

生ゴミ

古い本

ローソクのロウ

古い畳

臭いの発生箇所 後頭部・首 背中・胸元・耳の裏

生ゴミのようなニオイとは加齢臭より強烈ですね。

臭いの発生箇所が、『後頭部・首』であるところに

ミドル脂臭対策の秘訣がありそうです。

☑ まとめ

ミドル脂臭の発生には、加齢臭と同様に生活習慣が大きく関わっています。

基本的には、加齢臭と同じ対策が必要になってきます。

プラス ミドル脂臭独自の発生箇所に適応した予防対策を考える必要があります。

 加齢臭8つの予防対策

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする