ミョウバンとは?デオドラント効果抜群で安全安心安価!作り方-使い方を解説

臭いに対する基本予防消臭対策としては、

まず臭いを発生させないことが最も重要なことです。

詳しい内容はこちらからどうぞ!!

臭いの原因を発生させない10の方法

臭いの原因を発生させないことが、

パーフェクトにできれば問題ないのですが、

人間は生活の中で汗をかいたり、食べ物をたべたりして

常に臭いが発生する環境にあるので

完全に、臭いの原因を発生させないのは不可能です。

口臭の原因ともなる臭い玉も

老若男女関係なくできてしまいます。

臭い玉の詳しい内容はこちらからどうぞ!!

臭い玉とは?画像・原因・特徴、取り方・予防方法!

そこで次の基本予防消臭対策は、

臭いを拡散させない方法です。

★臭いを拡散させない3つの方法とは?

臭いを拡散させない方法として考えられることは、次の3つの方法です。

  1. 臭いが発生したらすぐに消臭
  2. 部屋や家、職場の換気
  3. 柔軟剤や香料やオーデコロン、香水の利用

今回は、「臭いが発生したらすぐに消臭」にスポットをあててみます。

臭いが発生しそうだと思ったときや

発生したなと思ったときには、

すぐに消臭することが大切になります。

最近は、市販の消臭スプレーも消臭対象別に

多くの商品が発売されています。

テレビCMも盛んに放送されています。

スメハラに対する意識が社会全体に

広まっていることの現れだと思います。

スメハラに対する詳しい記事はこちらからどうぞ!!

スメハラとは?臭いに関する社会意識の変化!無臭時代へ

また、消臭スプレーも体臭ばかりでなく

トイレや台所、冷蔵庫、車、部屋、寝具。衣類など

多種多様にわたっています。

市販の消臭スプレーについては、

また別の機会に詳しく説明したいと思います。

今回は、安全・安心・安価でかつ

手軽につくれる無香料の消臭の切り札「ミョウバン」を紹介します。

★ミョウバン消臭は、安全安心安価のデオドランド効果!!

ミョウバンのデオドラント効果(殺菌・制汗・消臭)とは?

ミョウバンには、どの程度のデオドラント効果があるのでしょうか?

デオドラント効果とは、以下の3つの効果のことです。

  1. 殺菌
  2. 制汗
  3. 消臭
殺菌効果とは、
臭いの元になっている肌に潜んでいる

雑菌を死滅させて繁殖を抑え、

臭いを抑える効果のことです。

特にワキガやニオイの強い方におすすめです。

成分:ビタミンC誘導体・オウバクエキス・セイヨウハッカ

オウレン・イソプロピルメチルフェノール

グリチルリチン酸2K・硫黄・ピオニン(感光素201)

制汗効果とは、
汗の量を抑える成分が入っている制汗剤

制汗剤の中の含まれる成分が、

汗の出口をふさいで汗を抑える仕組みになっています。

特に汗が多い方や汗の量を抑えたい方におすすめです。

%e3%81%b0%e3%81%84%e8%8f%8c

成分:クロルヒドロキシアルミニウム、

パラフェノールスルホン酸亜鉛、ミョウバン

消臭効果とは
汗が気になる人の多くは、汗の量とともに

ニオイも気にされる方が多いです。

いくら殺菌力の強い制汗剤を使っても、

まだニオイが気になってしまう方は、

殺菌で臭いを軽減させる間接的な方法ではなく、

消臭効果成分で直接的に臭いを軽減させる方法がお薦めです。

79792e6fc569356dc886f1bfbab2dd64_m

成分:柿渋エキス、銀イオン、緑茶エキス、重曹、ミョウバン

制汗効果と消臭効果の成分に、ミョウバンが含まれています。

したがって、市販の消臭剤や消臭スプレーにも

ミョウバンが含まれています。

成分として含まれていりミョウバンを

直接水に溶かしてミョウバン水スプレーとして

使用した方が、効果もあるし

変な香料も添加されていないので、

安心して使用できると管理人は考えます。

ミョウバン消臭が安全・安心・安価である理由

ミョウバン古代ローマ時代にも

制汗剤として利用されてきた実績がある程、

制汗作用が信頼されているのですから

安心して利用することができます。

ミョウバンが汗を抑える効果がある理由は

はっきりとは解明されていませんが、

収れん作用といわれるものがあり、

皮膚のタンパク質を変化させて、

肌の保護膜を引き締める効果があるのです。

そのため肌がキュッと引き締まり

キメが細かい肌になるので、

美容目的でミョウバン水を肌に付ける方もいます。

その収れん作用が、皮膚の表面だけでなく、

汗を出している皮腺も引き締める効果があり

汗の出にくい状態にしてくれるのだと言われています。

ミョウバンは、消臭目的で販売されているのではなく、

なすの漬け物用として販売されています。

食品に使用されるくらいですから

安全・安心ですね。

そして、うれしいことに

気になるミョウバンの価格ですが、

スーパーで50g:100円前後で購入することができます。

1.8Lのペットボトルでミョウバン水を作れば、

50gで3ヶ月くらいは十分使用可能です。

3ヶ月使用できると考えれば30円/月となり

市販の消臭スプレーと比べても非常に安価

家計にやさしいミョウバン消臭スプレーは

遠慮なく使用することができます。

★ミョウバン消臭スプレーの手軽で簡単な作り方

ミョウバンは、スーパーやドラッグストアで売っています。

焼ミョウバンと2種類がありますが、

どちらでも大丈夫です。

dsc04832

ミョウバン消臭スプレー作り方のポイント、準備するものは、

  • ミネラルウォーターだと腐敗が早まってしまうので                 塩素の入っている水道水を使用して下さい。
  • スプレーボトルは、100円ショップなどで売っていますし、             市販の使用済みスプレー容器を再利用してもいいです。

  • ペットボトル・:500ml                            飲料用の使用した再利用で十分です。

作成順序
ペットボトルの中に水とミョウバンをいれます。

ミョウバン10g(一袋約1/5)を

500mLのペットボトルを入れたら蓋をして、

ボトルを振ります。

冷蔵庫で1~3日置きます。

ミョウバンがしっかり溶けて、水も透明になります。

透明になれば完成です。

家庭用とし、室内や寝具、下駄箱、靴などに

使用する場合には、室内用として市販のスプレーを

再利用して、作成したミョウバン水を入れます。

b22160ef0268c021e5f570b663635f9f_m

外出時などに使用したい場合には、

携帯用のスプレー容器に移し替えます。

1.8Lのペットボトルで作成する場合には、

ミョウバン25㎎(約1/2袋)を入れて同様に作成します。

★ミョウバン消臭スプレーの利用方法

家庭用としての利用方法
使用済みの消臭スプレー容器や100円ショップで

売っているスプレー容器にミョウバン水を移して利用します。

シーツ、枕カバー、衣類、靴、靴箱、台所、ゴミ箱

など臭いの気になるところに、軽くスプレーします。

携帯用として外出時に利用
携帯用スプレーとして利用するため

100円ショップで持ち運びに便利なスプレー容器を購入し

外出用に利用します。

容器の大きさはいろいろあるので、使用場所や頻度に応じて

使い分けることができます。

職場の机の中、カバンの中に入れておけば、

臭いが気になったときに、すぐに利用できます。

汗を拭きとった後の肌・衣類に直接スプレーします。

夏場は特に汗が気になります。

タオルでふき取ったあとにスプレーでひと吹きすると

気分的にもずいぶん違います。

市販のスプレーのように、変なニオイをきにすることなく

安心して使用できます。

管理人は口臭が気になる時には、

口の中にも軽くスプレーしています。

市販スプレーでは、こうはいきません。

3、ミョウバン水使用上の注意事項】

  • ミョウバン水は、冷蔵庫などに保存。
  • 1か月以内で使い切るようにしてください。
  • まれに肌に合わない方もいます。
  • 異常を感じたらすぐに使用を中止して下さい。
  • お子さんなどが誤飲しないように十分注意して下さい。

食品用(漬け物)なので、基本的には安全ですが

基本的に飲料用ではないので、十分注意してください。

★まとめ

身近にある食品用として販売されている

ミョウバンで作成したデオドラント効果が高いのが、

ミョウバン消臭スプレーです。

市販の消臭スプレーのように、変な香りがなく

安全・安心なので、口臭が気になる時には

口の中にもスプレーできるすぐれものです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、

関連記事もシェアをして頂けると嬉しいです。