アンチエイジングNASAが新発見した老化原因の箇所と対策を紹介

11月16日のNHKの番組、日々の生活をシアワセにする

「食・健康・美容・住まい」の裏ワザを紹介する人気バラエティ『ガッテン!』で

「NASA直伝!魅惑のアンチエイジング術」が放送されました。

☆ アメリカのNASAが発表した新発見した老化の原因! 

9a4a73f0b4954688ea9b5ca5ce10403c_m

宇宙での生活を研究し続けてきたNASAがたどり着いたのは、

『人類の老化防止プログラム』です。

宇宙から帰還した宇宙飛行士は、

地上に降りるとほとんどの飛行士は座っています。

立つことがてきないほどなので、NASAが調べてみたところ

筋力の低下、心肺機能・循環機能・免疫力が低下し

代謝異常、骨密度も減少していました。

2016y11m17d_001419989

なぜ無重力だと、老化するのでしょうか。

宇宙船の中では、飛行士は毎日運動していますが、

ある部分が全く動いていないのです。

体のある部分とは果たしてどこなのでしょうか。

答えは耳の奥の内耳だったのです。

内耳の奥にある『耳石(じせきと読みます)』が無重力なので

浮かんでしまい、運動しても動いていなかったのです。

耳石が動かないことで、能力が衰えて老化減少が起こるのです。

耳石は、筋肉や自律神経に指令をだして、重力の中で人間が生活するための

重要な働きをしているのです。

63098eb40097e6041eb7f218926adbfa_m

☆ 現代社会は無重力と同じ状態

さて、耳石が動かないのは、

宇宙ばかりでなく、身近なところにもあるのです。

と聞くとビックリしませんか?

身近な場所に無重力地帯が存在するのです。

答えは「番台と雀荘」なのです。

番台と雀荘に共通してことは、長時間座りぱなしであることです。

長時間座りっぱなしである状態は、無重力状態と同じなのです。

30分に1回立たないと人間の体はダメになると言われています。

また、1時間座ると寿命が22秒縮むとも言われています。

日本人の1日に座っている時間は、平均で9時間です。

糖尿病、心臓病、ガンのリスクが高まります。

骨密度の低下や、認知機能の低下など

無重力状態と同じ症状があらわれます。

☆ 新発見したアンチエイジング方法 

さて、NASA直伝の魅惑のアンチエイジング術とはどんなものでしょうか。

なーんだこんなことかと思われるかもしれませんが、

それは『立つことです』

30分ごとに立ち上がることだけです。

たつだけで、耳石が動くのです。

436318d4859708c09ccb2405cfb58105_m

立ち上がる動作は、まっすぐ立ち上がっているようでも、

けっこう複雑な動きをしていて、左右上下に動いて立ち上がっているのです。

立ち上がることは、耳石をシェイクする働きがあるのです。

長時間座っている時間が長い方は、

明日からでも職場で、30分に1回立ち上がりましょう。

アンチエイジングで老化が穏やかになれば、

加齢臭対策の効果もでてくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする