阿部寛・香川照之が臭覚で事件解決スニッファー【匂い】【臭い】

♦ニオイへの関心が高い世相を反映したドラマ

俳優の阿部寛と香川照之がコンビでNHK土曜『スニッファー 嗅覚捜査官』、人の数倍の臭覚をもつ自慢の鼻を使って事件を捜査する主人公に阿部寛さん・主人公の相棒人情派刑事を香川照之さんがを担当します。この2人の強力タッグで難解かつ奇妙な事件を鮮やかに解決していくドラマです。

2016y08m06d_170648299昨今「臭い」については、厳しい目が向けられるようになりました。

『スメルハラスメント』スメハラ(臭いの暴力)という言葉も生まれて、50代以上の加齢臭世代ばかりでなく、40代のミドル臭と言われる年代からニオイに気を配る必要がでてきました。

ドラマの中にも加齢臭の原因物質「ノネナール」や、ミドル臭の原因物質「ジオセチル」という言葉もでてきました。

 加齢臭発生の原因

NHKが『スニッファー 嗅覚捜査官』のようなニオイに関連したドラマを放送するのは、   臭いに対する世論の関心の高さを現わしているように思います。

 ドラマの内容 

2016y08m06d_171601053ドラマの内容は、主人公の阿部寛が『俺の鼻は間違えない』をキャッチフレーズに、特殊な重要犯罪に事件解決のコンサルタントとして呼ばれます

人並み外れた鋭敏な嗅覚の能力で、「スニッファー(匂いを嗅ぐ人)」となり事件のナゾを暴いてしまうというストーリーです。

見どころは「人間の鼻に比べて数百倍も臭覚が発達していると言われている警察犬がもし人間ならこうやって鮮やかに事件を解決していくだろうな」と思ってしまうドラマです。

キャストには、

  • 主人公が密かにあこがれる耳鼻科女医に「井川遥」
  • 主人公の別れた妻役に「板谷由夏」
  • 香川照之の母親に「吉行和子」
  • 第1話の犯人役には「劇団ひとり」

顔ぶれです。これからの犯人役には、毎回個性ある俳優が起用される予定です。

 もしスニッファーが現実にいたら 

現実世界に「スニッファー」がいたとしたら、自分のニオイに気付きにくく周囲から   「ミスター加齢臭」と陰で言われているような人がいたら、第三者として体臭について助言をしてもらいたいものです。

2016y08m06d_174200411セクハラやパワハラは無自覚な人もいますが、   概ね外部から見ると事実関係は表に現れるのです。

しかし、スメルハラスメントは表にあらわれずに、 本人も自覚が乏しく悪気があるわけではないので解決することが難しい問題です。

本当は本人に対してはっきり指摘すればすぐに解決できるのかしれません。

ニオイについてダイレクトに指摘することは、感情的なしこりが残ってしまいそうで、当事者同士では、なかなかはっきり指摘することが難しいのが現実です。

第三者の「スニッファー」にぜひこの難問題を解決して欲しいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. るっこ より:

    こんばんは^^
    ランキングからきましたるっこと言います。

    情報ありがとうございます。どんどん新しい言葉が出て来て、臭いでドラマができるほどになっているんですね。阿部さんも香川さんも好きな俳優さんなのでドラマみたいと思います。

    • syosakoi より:

      コメントありがとうございます。よさこいと申します。ドラマ面白かったですよ。どちらも演技力高い役者さんですから。